夫と次女が茶碗蒸し好きなので、時々作ります。

大失敗することはありませんが・・・
安定して大大大成功という感じではなく、多少のツルプルムラがあります(^^;)

「気持ち○○(緩め・固め)だわ」程度なんですが・・・
2人の好物なので、2人が好きな「コレコレ!」という加減で安定して作れるようになりたいんですよね~

ということで、茶碗蒸しをツルツルプルプルに作るコツを再確認して、「うちの茶碗蒸し」のレシピを作りたいと思います(・ω・)

Sponsored Link

基本的な茶碗蒸しの作り方

茶碗蒸し ツルツル プルプル コツ だし汁 卵 卵液 分量 割合

まずは、基本的な茶碗蒸しの作り方から(。-_-。)

基本的な茶碗蒸しの作り方は

      ①だし汁を用意する
      ②具の下準備をする
      ③卵を割りほぐす
      ④溶き卵に少しずつ出し汁を加えて混ぜる
      ⑤具を器にいれ、濾した卵液を注ぎいれる
      ⑥加熱する(蒸す)

という流れ。

加熱する(蒸す)時に、

  • 蒸し器で蒸す
  • フライパンや鍋で湯煎で加熱する
  • 電子レンジで加熱する

などの方法があります。

私は、蒸し器か鍋で作っています。
レンジは1度やってみましたが、うまくできませんでした(;´Д`A “`

安定した仕上がりの茶碗蒸しを作るためには

  • 卵のサイズ(量)
  • だし汁の量
  • 火加減
  • 加熱時間
  • 器のサイズ
  • (具の量)

などを把握しておきたいところ。

ツルツルプルプルのおいしい茶碗蒸しを作るために、重要なことばかりだと思います。
この微妙な加減が色々と重なると、おそらく「・・・(これはダメw)」みたいな事になるんじゃないでしょうか(^^;)

  • 火加減が強かったり・加熱時間が長すぎると“すが入った食感の悪い茶碗蒸し”
  • 卵の量に対してだし汁が多ければ“固まらない茶碗蒸し・分離した茶碗蒸し”

など、残念な茶碗蒸しが完成します。

Sponsored Link

ツルツルの茶碗蒸しを作るための卵と出汁の割合は?

茶碗蒸し ツルツル プルプル コツ だし汁 卵 卵液 分量 割合

ツルツルプルプルの茶碗蒸しを作るために、卵液の卵と出汁の割合をおさえておきましょう!

私、この割合をいつも忘れてしまうんですよね(;´Д`A “`
毎回、ブクマしているレシピで、卵液の割合をチェックしているんです。

意外と覚えやすい割合だと思うんですけどね。

卵とだし汁の割合は

  • 卵のサイズ
  • 茶碗蒸しの固さ

で調整します。

●卵のサイズの規格(グラム)●

レシピを見ていると、「卵1コ」というような書き方が多いですよね。

同じスーパーでいつもの卵を買っていると、いつもの分量で作りやすいです(*^^*)
でも、時々全然違うサイズの卵で作ることってありません?

全国的にあるのか分かりませんが、ちょっと遠出すると卵の自販機があるんですよね。
おいしいので、近くまで行ったら必ず買うんですが・・・
規格外なので激安だけど結構小さいんですw

卵を計量してみると、43グラム前後のものがほとんど。

鶏卵の規格(殻付き)を確認してみると

  • LLサイズ/70g~76g
  • Lサイズ/64g~70g
  • Mサイズ/58g~64g
  • MSサイズ/52g~58g
  • Sサイズ/46g~52g
  • SSサイズ/40~46g

なので、SSサイズですね。

Lサイズ卵1個のレシピなのに、SSサイズの卵1個で作ると・・・
卵の量が最大で30gも違います。

そりゃあ・・・ですよね。

レシピの卵サイズ(書いてあれば)とサイズが違いすぎる場合は、ちょっと計算が必要になりそうです。

プリンだと、茶碗蒸しよりは差がない感じではありますが・・・
子ども達の反応を見ていると、お気に入りのサイズがあるんですよね。

ヒルナンデスプリン、子ども達のベスト食感はMS卵です(*´ェ`*)

●Mサイズ卵で作る茶碗蒸しのだし汁の量●

“Mサイズ”と“Lサイズ”は、一般的な卵のサイズだと思います。

茶碗蒸しの固さ別でだし汁の量を調べてみると・・・

Mサイズの卵1個に対して

  • かため/だし汁100cc
  • ふつう/だし汁150cc
  • やわらかめ/だし汁200cc

もしくは、

  • 卵を1つ50gとして、卵とだし汁を1:3(もしくは、1:2.5や1:4)

というのも多かったです。

器のサイズや具の量でも仕上がりに差が出ると思いますが、自分のベスト茶碗蒸し分量を探してみましょう(*´∇`*)

「○サイズの卵に、このお玉で○杯!」
という覚え方も手軽で良いですよね。

茶碗蒸しが固まらない具がある!?

茶碗蒸しの具として、“しいたけ”などのキノコ類を入れるという方は多いと思います。
きのこからは、いいダシがでますからね(*^^*)
1種類よりも数種類入れた方がおいしくなるということで、数種類入れるという方も少なくないかもしれません。

が・・・
茶碗蒸しに入れるとNGなきのこがあるってご存知でした?

NGな理由は、“卵液が固まらなくなる”からなんだとか。

そのキノコとは、“まいたけ”。

まいたけを“生のまま卵液に入れてしまうと、タンパク質分解酵素が働いて卵液が固まらなくなる”という理由があるとのこと。

茶碗蒸しは、卵液を過熱してたんぱく質を固める料理です。
タンパク質が分解されてしまうと、加熱しても固まらなくなってしまうからなんだとか。

ゼラチンを使うゼリーで、固まりにくい(固まらない)フルーツがあるのと同じですね。

茶碗蒸しに入れる人は、いないと思いますが・・・

  • キウイ
  • マンゴー
  • パパイヤ
  • パイナップル
  • メロン
  • 南方系のフルーツ
  • 生姜

などにもタンパク質分解酵素が含まれています。

タンパク質分解酵素は加熱することで酵素が壊れてしまうため、舞茸を下茹でしておくと茶碗蒸しが固まるようになるそうです。

「えーw」という方は、コチラで舞茸茶碗蒸しの実験画像を見てみてください。
おもしろいぐらい、トロトロのままですw

舞茸を入れたい方は、加熱・下茹でしてから入れましょう(*´∇`*)

舞茸の茶碗蒸し実験記事(↑記事)でも紹介されていますが、“タンパク質分解酵素”を含む食材にお肉をつけておくとお肉が柔らかくなります。

おもしろいですよね(*^^*)
自由研究とかやったらおもしろそうですね!

茶碗蒸しをツルツルプルプルにするコツは?

茶碗蒸し ツルツル プルプル コツ だし汁 卵 卵液 分量 割合

茶碗蒸しをツルツルプルプルにするコツには、どのようなものがあるんでしょう(・ω・)

色々なコツがありましたので、一部を紹介します。

茶碗蒸しをツルプルにするコツは

<加熱前>

  • 卵とだし汁の分量を調整する
  • だし汁に調味料を入れる
  • だし汁多めのゆるい茶碗蒸しだと「す」が入りにくい
  • 卵を溶きすぎない
  • 卵液を濾す
  • 卵液を器の8分目まで入れる
  • 卵液を静かに器に注ぎ入れる
  • 器に注いだ卵液の気泡を竹串などでつぶす
  • 器に卵液を入れた後に長時間放置しない(卵とだし汁が分離する)

<加熱中>

  • 鍋(蒸し器)のふたを布きんで包み、水滴が落ちるのを防ぐ
  • 蒸し器(鍋)と蓋の間に菜箸などを挟み、隙間を作ると温度が上がりすぎず「す」が入りにくくなる
  • 湯気がたった加熱済みの蒸し器に入れる

<火加減・時間>

  • 強火で2分、弱火で10分蒸す
  • 強火で1分、弱火で15分、強火で1分
  • 弱火で20分
  • 中火で2分、ごく弱火で8~10分、火を止めて(余熱で)7~8分

など、色々なコツがあります。
これは、ほんの一部。

家庭ごとに味が違うだけあって、コツも色々ですね(*´∇`*)

火加減を途中で調整するのが、現状難しい(チビがいるから)ので・・・
最近は、ずーーーっと弱火で作っています。

中に入れる具・器のサイズ・あんかけの有無などで、かなり違いますよねー!
茶碗蒸し、かなり奥深いです(*´Д`*)

好みの卵・だし汁・器・具・加熱時間・火加減で、家族全員一致の「わが家の茶碗蒸し○○バージョン」を完成させてみたいものです♡

Sponsored Link