足寄郡足寄町の「道の駅あしょろ銀河ホール21」で販売されている『らわんぶきソフト』。

「ラワンブキ」ってどんな蕗か分かりますか?
テレビ等で紹介されることもあるので、「もの凄く大きなフキ!」と言えば分かりやすいかも(ノ∀`●)

「螺湾ブキ」は、足寄町にある螺湾川(らわんがわ)の川沿いに自生する「アキタブキ」。

なぜ、「螺湾ブキ」という別名で呼ばれているのかというと・・・

足寄町の「螺湾ブキ(ラワンブキ)」は、

  • 高さが2~3m
  • 茎の直径が10cm前後

にまで成長するとのこと(゚Д゚`*)

3mのフキって想像できます?
「アキタブキ」は、1~2mほどの高さまで成長する大きな蕗なんだとか。
これでもかなり大きいですが、3mは凄いですよね(*´・ω・)

自生ポイントは感じなのかなー?と画像を検索してみたら・・・
↓こんな感じでした↓

フキと一緒に写っているのは、足寄出身の松山千春。

「道の駅あしょろ銀河ホール21」には、

  • ステージ衣装
  • リリース作品の歴史

などを展示する「松山千春ギャラリー」もあります。

こうやって見ると、本当に大きいですよね!
こんなに大きいと、味や食感(固い?柔らかい?)などが気になりませんか?

「らわんぶき」の肉質はとっても柔らかいのに、繊維質は通常のフキの約3倍もあるんだとか(・ω・)
食物繊維たっぷりというのは、嬉しいですね♡

水煮は、お取り寄せもできます。

ラワンぶき (ラワンブキ塩蔵)

新品価格
¥615から
(2015/10/3 23:33時点)

「らわんぶき」の加工品は、「道の駅あしょろ銀河ホール21」のショップ&ベーカリーあしょろでも販売されています。

スポンサーリンク

「道の駅あしょろ銀河ホール21」の『らわんぶきソフト』は

  • 濃厚バニラソフト
  • らわんぶきジャムをトッピング
  • カップの底にはコーンフレーク

というソフトクリーム。

ラワンブキのジャムって、どんな感じなんでしょうね?
蕗のジャムも食べたことがないので、想像がつきません(・ω・;)

お店の看板の画像を見てみると、気になるコメントが書かれているんですよね。

拡大すると

えw

お店サイドも“味の評価は賛否両論”と紹介しているんですよね(ノ∀`●)

食べた人の口コミも

  • 微妙
  • ソフトはおいしいのに・・・
  • 別々に食べたい

というものから

  • 普通においしい
  • 予想以上においしかった
  • これはおいしい!

と、反応が全然違うんですよね。

本当に「賛否両論」でしたw

気になる( ´艸`)♪

スポンサーリンク

スポット詳細はコチラ☆

北海道足寄郡足寄町/道の駅あしょろ銀河ホール21 『らわんぶきソフトクリーム』 350円

”北海道足寄郡足寄町北1条1丁目”

住  所:北海道足寄郡足寄町北1条1丁目

アクセス:道東自動車道足寄ICから5㎞

営業時間:9:00~18:00 4月下旬~10月
     9:00~17:00 11月~4月下旬
     ※物産・売店の営業時間

定休日 :なし
     ※年末年始は要確認

問合せ先:道の駅あしょろ銀河ホール21
     0156-25-6131

HPは、コチラ

ご当地ソフトは、公開時の情報を元に作成しています。
価格変更やメニュー廃止などありましたら、ご連絡いただけるとありがたいです(。-人-。)

スポンサーリンク