しつこく“くるみボタン”ネタです(。-_-。)

“レジン”と“くるみボタンキット”で作るアクセサリーや雑貨が、とってもきれいでかわいくてビックリ(*´・ω・)!!

不器用でハンクラ超初心者の私には、何だかとってもハードルが高い“レジン”。
いつかチャレンジしてみたいので、思い立った時に取り掛かれるようしっかり予習しておこうと思います(・ω・)

時間はかかるようですが・・・
“UVランプ”がなくてもできるようなので、そちらも合わせてチェックしていきます♪

今回は、ヘアゴムの画像と作り方を集めてみました。

Sponsored Link

“レジン”と“くるみボタン”のレジンパーツ基本の作り方

超初心者の私には、まず何を使うのかというところから分かりません(^^;)

最低限必要な道具は

  • レジン液(1液タイプのUVレジンか2液タイプのエポキシレジン)
  • くるみボタン(受け皿・下の方)
  • ピンセット(爪楊枝でもOK)
  • マニキュア・シール・マステなど

など。

UVライトがあるとUVレジンがすぐ固まるので、作業時間がかなり短縮できるそうですが・・・
ネイルアートもしないので私はもっていません(^^;)

日光で数日かけて固めることも可能とのこと。

続くかどうか分からないので、最初から購入するのはちょっと迷います(´^`)

UVライトとメタルパーツのセット 36W可愛いピンクのジェルネイル用 36WUVライト単品単体本体 UVレジン用 レジンクラフト用ピンク UVランプ

新品価格
¥2,780から
(2016/4/14 17:08時点)

UVライトとUVレジン液のセット品も↓

HAPPYCRAFT・ UVライト36W+レジン液 のセット (レジン液25g(ハード), UVライト 白)

新品価格
¥3,150から
(2016/4/14 17:06時点)

ボンドでも同じようなことができるようですが・・・

こんな感じ↑で、仕上がりに差が出てしまうようです。

なめらかさと気泡にかなり差がありますね(・ω・)

作業中の匂いがキツイようなので、本格的にやるなら来年からだなぁ。

100均でくるみボタンキットを買う場合は、お店ごとに多少の違いがあるようなので作り方と使う側が違うんだとか・・・
手持ちのキットに合った作り方があれば、参考にしてみてください(・ω・)

●くるみボタンの上・下で作る●

アトリエ~くるみボタンのレジンアクセ』で紹介されている作り方。

くるみボタンの上側を加工してから、通常どおりくるみボタンにする作り方。
ざっと見た感じだと、この作り方が一番簡単でしょうか?

<材料・道具>

  • くるみボタン(上・下)
  • UVレジン
  • 筆(スポンジでも)
  • マニキュア・シールなど

くるみボタン(上)をマニキュアやシールでペイントして、レジン液を塗るだけ。
受け皿に液を流し込むタイプではないので、ツルツルした表面になるという感じ?

中にパーツを入れたレジンアートはできませんが、最初に作るなら取り掛かりやすそうですよね(*^^*)
表面に薄く塗るだけなので、乾くのも早そう。

UVレジンが乾いたら、通常のくるみボタンと同様に下皿とセットしてレジンくるみボタンの完成♪

詳しい作り方と画像は、コチラ

●くるみボタンの上側(穴あけ)で作る●

Lapis_Maria』で紹介されている作り方。

くるみボタンキットの上側に小さな穴をあけ、ワイヤーを差し込むことでレジン液漏れが防げるんだとか。

<材料・道具>

  • くるみボタン(上)
  • UVレジン
  • キリ
  • スチールワイヤー
  • ダンボール(穴あけ時に使用)
  • マニキュア・シール・布など

工程と道具が増えますが

  • 下皿が小さい・凹みがなくて使えないくるみボタンキット
  • 穴埋めがうまくいかずに液漏れしてしまう

という場合に良さそうです。

コチラ↑の画像のように布を貼ったり色を塗ったりすることで、穴と針金を隠れて気にならなくなるんだとか。
この状態でレジン液を流し込むだけでもかわいいですよね♪

凹みのある皿を使うので、中にパーツをいれることもできます。

詳しい作り方と画像は、コチラ

マステや布を貼ったり、マニキュアを塗るだけでもかなり楽しめそうですが・・・
↓こういうアイテムがあると幅が広がりそうですね。

天然クラッシュシェルパウダー グリッター 六角ホロ ラメホロ 小瓶入り (07/クラッシュシェルセット/12色セット)

新品価格
¥277から
(2016/4/14 17:44時点)

Sponsored Link

“レジン”と“くるみボタン”で作るヘアゴム画像

それぞれに良さがあってかわいいですね(*´∇`*)
レジン特有のぷっくり感が結構難しいようですね。

こんな風に作れるようになるには、どのくらい練習が必要なのかな?

コチラの記事もあわせてどうぞ♪

Sponsored Link