殺菌・消毒剤の『オスバンS』。
「オスバンS」は、胞のない細菌やカビ類に抗菌作用があるということで、カビ対策にオススメされています。

実際に、私もカビ対策(というかカビ退治)に使いましたが、効果は絶大!

「オスバンS」は、生えてしまったカビに効果があり、今後生えてくるカビには予防効果はありません
しかし、定期的に掃除に使う事でカビの悩みとサヨナラできますよ(*^^*)
>>『オスバンS』ってなに?

Sponsored Link

「オスバンS」でカビ掃除をしよう

オスバンS 使い方 効果 用途 希釈 期限 副作用 成分 カビ 洗濯 臭い 掃除 ウイルス

「オスバンS」は、ドラックストアーやネット通販で販売されています。
大体800円前後。

原液が入っているので、用途に合わせて水を使って希釈したものを使います。

希釈した「オスバンS」の使い方は、

  • つけおき
  • ぬれぶき
  • スプレー

など。

Sponsored Link

●カビに使う場合の希釈濃度●

「オスバンS」の希釈濃度については、ボトルのラベルに記載があるのですが・・・
「カビ」という単語についての項目がないんです。

ネットで検索してみると、冷蔵庫などの消毒と同じ100倍で使っている人が多いということで、駆除中は「オスバンS」を100倍に希釈して使う事に。

日常生活では、カビの前科?があるということで、家屋の消毒・200倍(200~500倍)に希釈しています。

「オスバンS」を使ったカビ駆除の方法

私が、クローゼットのカビを駆除した時の作業手順を紹介します。

「オスバンS」は、漂白剤などのようなツンとした刺激臭のようなものは全くありません
しかし、カビを駆除するので、マスクはしておいた方がいいでしょう(*^^*)
長く作業をする場合は、手袋もしておいた方がいいでしょうね。

カビが酷い場合は、捨ててもよい服を着て作業をしましょう。
掃除が終わったら、そのままゴミ袋にポイ&シャワーで身体についたカビ菌も落としましょう!

1)まずは、カビを取り除く

クローゼットにしまい込んでいた物と壁紙(一部)にカビが生えていました。
まずは、カビが生えてしまったものを分別します。

このクローゼットは、衣類用ではなく物置として使用していたため、捨てても支障がないものをサクッと処分しました。
ゴミ袋に詰め込んで、しっかりと口を縛って隔離しました。

カビが生えてしまったけれど捨てられないものは、水拭きして表面のカビを落としました。
(私はありませんでしたが、布製品はオスバン液でつけおきすると良いとのこと。)

カビの量が多かったり広範囲の場合は、どんどん雑巾を新しいものにします。
古着などをカットしたものをたくさん用意しておくと良いです(^^)

2)カビをふき取ったら、1度乾燥させる

「オスバンS」は、汚れや水分があると効果が低くなるという情報がありました。
ドライヤーや扇風機を使って乾燥させるという書き込みもありましたが・・・

カビ菌をばら撒きそうなので、水拭き後に新しい雑巾で乾拭きして自然乾燥させました。
(といっても、壁紙と金属だったのですぐに乾きました。)

3)「オスバンS」を使って消毒

準備しておいた規定の希釈濃度(100倍)のオスバンSを使ってカビ菌をやっつけます。
バケツに入れた「オスバンS(希釈液)」を使って水拭きをして、新しい雑巾で乾拭き。
クローゼットを開けっ放しにした状態で、部屋の窓も開けたままにしておき数時間換気。

それでもカビ臭がする(ような気がするというか、たぶんしていた)ので、スプレーボトルに入れた「オスバンS」を噴霧→乾拭きを数日間行いました。
※初日の駆除以降は、オスバンSの希釈を100倍→200倍に変更しました。

カビ菌は、カビの生えていたところだけではなく、部屋全体に広がっているといいます。
クローゼットのある部屋は、毎日、天井以外(手が届かなかった)希釈したオスバンSで消毒していました。

乾燥はしっかりやらないと、新たなカビが発生しますので要注意とのこと。

【第3類医薬品】オスバンS 600mL

新品価格
¥684から
(2015/3/22 23:56時点)

●現在のクローゼットの様子●

カビを駆除してから、日数が経つにつれ「あ、カビくさいかも・・・」という瞬間が減っていきました。

2週間くらい経ったころには、全く臭いがしなくなり、雨が降って湿度が上がっても気にならなくなりました。
この期間は、窓を開けられる時は、ずっと開けていました。
クローゼットのドアは、全開の状態をキープ。

カビ臭がしなくなったので、1ヶ月経ったころにクローゼットのドアを閉めてみることに!
水取りゾウさん的なものを数個設置。

さらに、ドアを開放して通常生活に戻すため新しい除湿機を購入。

現在、その部屋は別の用途で使用しているため、同じ条件ではありませんが、北海道の冬の風物詩「洗濯物の室内干し」でカビが生えたり、カビ臭がしたりすることはありませんでした。

カビには「オスバンS」が本当によく効く

クローゼットのカビ退治以降、すっかり手放せなくなってしまった『オスバンS』。

生えてしまったカビに対しての効果はあります。
というより、予想以上の効果でした!

ついてしまったカビの色は完全には消えませんが、カビ臭は全くなくなりましたよ!

我が家の掃除には、「オスバンS」が欠かせないものとなっています(^^)

カビ退治に効果がありますので

  • お風呂
  • 窓枠
  • たたみ

など、カビが生えてしまったらぜひ使ってみてください!

1度カビを退治しても根が残っていて、1~2週間で生えてくることもあるんだとかΣ(゜д゜;)
(うちのクローゼットもそうだったんでしょうね)

スプレーボトルに希釈したものを常用して、毎日の掃除に組み込むとカビに悩むことはなくなりますね♪
>>「オスバンS」の用途別希釈濃度と希釈後の使用期間はコチラ☆
本当に、よく効きます!

この他にも色々な使い方ができる『オスバンS』、オススメです(*´∇`*)
>>「オスバンS」で洗濯物の嫌な臭いが消える!?

Sponsored Link