個人事業主になったら、ビジネス用の口座を開設しておいた方が良いでしょう。
入出金の管理も楽です!

クラウド会計ソフトと連動させたら、青色申告の申請用紙も自動で作成できるなんて使い方もできるようです。

私の現状だと出金の頻度も少ないですので必要ありませんが、数人で業務を行っている場合や細かく経費のかかる事業をしている方にはとても便利ですね(*´∇`*)

個人事業主になって、まず最初に開設したビジネス用口座が「楽天銀行のビジネス口座」。
ネットバンクなので自宅から振込が可能。
そして、何より手数料が安い(*^^*)

Sponsored Link

楽天銀行のビジネス口座を開設

楽天銀行のビジネス口座は、個人口座を開設していることが前提となっています。
さらに、口座を開設する際に満20歳以上の人という条件があります。

また、楽天銀行ではビジネス口座の開設は可能ですが、屋号のみの口座名義は不可
口座名は、【屋号+代表者名】となります。

>>屋号のみで口座を開設したいなら「ゆうちょ銀行」の総合口座!

楽天銀行のビジネス口座は、有料(1,080円)でキャッシュカードが作成できます。
キャッシュカードを作らない場合は、現金を出金する時に自分の口座へ振込します。
※振込みには、所定の手数料がかかります。
※個人口座のようにゆうちょ銀行の本人口座との連携はありません。

Sponsored Link

●楽天銀行ビジネス口座開設までの流れ●

ビジネス口座開設までの流れは

楽天銀行の公式HPから個人事業主用ページを開くと口座開設ボタンがあります。
そのボタンをクリックするとWEB申込画面になりますので、必要事項を入力して申込。

申込みが完了すると、メールで「登録番号」が届きます。
この番号は、後ほど使用しますのでしっかりとメモしておきましょう。

後日、「屋号+代表者名」で郵便物が届きます。
ここに返信用封筒が入っていますので、本人確認書類(ビジネス用)を同封して返送。
※書類の余白部分に「登録番号:———–」と記載します。

口座開設の審査がOKの場合は、

  • 仮ログインパスワードなどが記載された郵便物
  • 「口座開設の準備が整いました」という内容のメール

が届きます。

この2つが揃った状態で個人口座へログインして、開設設定をしてビジネス口座の開設が完了となります。
※後日、振込手続きに使用するセキュリティーカードが届きます。

私は、申込みから開設作業まで10日かかりました。
(確認書類を2日後くらいに返送したと思います・・・)


●楽天銀行ビジネス口座の本人確認書類●

楽天銀行のビジネス口座を開設する際に必要な本人確認書類は、下記の通り。

<楽天銀行ビジネス口座開設・個人事業主の本人確認書類>

  • 個人事業開業届(受付印あり) コピー1部
  • 個人事業開始報告書(受付印あり) コピー1部

のいずれか1点。

手続きの流れでも書きましたが、コピーの余白に「登録番号」を記載します。

Sponsored Link