我が家のお風呂の床は、とっても細かいポコポコしたくぼみがあるんですよね。

一応、水はけの良い汚れにくい床(カラリ床ではない)ということだったんですけど・・・
そのくぼみに汚れがたまるんですね(´・ω・`)

経年劣化なのか・・・
つわりの時期や産後にちょっとお風呂掃除が手抜き状態になったからなのか・・・
とにかく、ピンクの汚れがつきやすいんですよね。

定期的にカビ取りスプレーなどのガッツリした洗剤を使って、徹底的に掃除できればラクなんでしょうけど(;´Д`A “`
我が家には喘息と喘息疑惑の子どもがいるので、それはできません。

ということで、ひたすらお風呂用洗剤で掃除。
平面部分と鏡や金属部分は、ピカピカできれいなんですが・・・
ポコポコのくぼみはなかなか満足のいく状態をキープできません(´つω・`)

何かいい方法はないのかな~?と調べてみました。

スポンサーリンク

お風呂場のピンク汚れはカビじゃなくて菌!?

掃除してもすぐに発生するお風呂場のピンク汚れ(´つω・`)
ずっと赤カビだと思っていたんですが、カビじゃなくて「ロドトルラ」という酵母菌なんだとか。

この「ロドトルラ」という酵母菌は、水だけあればどんどん増殖できるようで・・・

きれいに掃除しているつもりでも
「あれ?昨日はきれいだったのに!?」
という事もあるんですよね。

これは、

  • 「除菌」の効果がないお風呂用洗剤などを使った掃除だと、肉眼で見えないレベルで菌が残ってしまう。
  • パッと見た感じのピンク汚れは見えなくなるけど、菌は残っているからすぐに繁殖してピンク床になる。
  • 通常のお風呂用洗剤や乾燥に強いので、洗剤で掃除&除湿していても増殖する。

ということなんだそうです。

掃除しても菌が残ってしまうのは、「ロドトルラ」には特殊な膜構造があるからなんだとか。
この膜に守られているから、膜を壊さない洗剤の掃除だと(実際のところ)効果がないということなんですね。

洗剤に強くて乾燥に強いだなんて、なんという切ない情報(´・ω・`)
毎日掃除をして一日中換気扇を回しているのに発生してしまうのは、こういう理由があったからなんですね。

なるほど(´・ω・`)
だから、普通の掃除だとすぐにピンク床が再登場してしまうんですか・・・

目に見えない「ロドトルラ」が、ピンク床になるまでにかかる日数は

  • 条件が悪ければ1~2日
  • 一般的には3~4日

ほどなんだとか。

そんなに早いとは・・・(≡д≡)
今のところその早さではピンクが気にならないので、しっかり対策をとれば大丈夫かも( ´△`)

このピンク床は、放っておくと黒カビになってしまうということなので、放置せずしっかり対処しておきたいですね!

ピンク床のピンク色は、「ロドトルラ」の色。
肉眼で確認できるピンク床は、相当繁殖しているということらしいので要注意です。

うちは、まだ黒カビがないのでセーフですが、生えてしまうと大変なのでなんとか根絶したいです(`・ω・´)

スポンサーリンク

お風呂場のピンク汚れを落とす方法について

お風呂のピンク汚れ「ロドトルラ(酵母菌)」を表面だけ落とすだけでは、またすぐにピンク床になってしまう・・・。

ということは、洗剤やスポンジなどを使って表面のピンク汚れだけ落とすのではなく・・・
しっかりと「除菌」しなければいけないということですね(・ω・)

「ロドトルラ」をやっつけるためには、どんなものを使ったら良いのでしょう?

“特殊な膜構造を破壊する”
というのが注目ポイントになりそうですね。

●バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス●

お風呂用洗剤の「バスマジックリン」。
グリーンのボトルの商品には除菌&消臭効果がプラスされています。

この「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」は、「ロドトルラ」の膜を破壊できる洗剤とのこと。

<使い方>

      ①お風呂場にスプレーして5分放置
      ②水やお湯で洗い流す

たったこれだけ!?

汚れが酷い時は、洗い流す前にスポンジでこするとより効果的とのこと。

これだけでピンク汚れがかなり発生しにくくなるんだとか。
洗剤でもOKという方は、1度試してみては?

商品詳細&詳しい使い方は、コチラ(公式サイト)
メーカー商品ページは、コチラ

バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス 本体 400ml

新品価格
¥303から
(2015/10/24 21:47時点)

バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス本体 380ml

新品価格
¥247から
(2015/10/24 22:02時点)

●ルック おふろの防カビくん煙剤●

お風呂の黒カビ対策に効果があると人気の商品。
うちはペット&喘息持ちの子どもがいる環境なので、一度も使ったことがないんですよね。

気になったので調べてみると・・・

ピンクヌメリに対しても除菌効果はありますが、増殖が早いため、効果は黒カビほど長くは続きません。
引用元:http://look.lion.co.jp/

とのこと。

ピンク床に困っている人というよりは、黒カビ対策に重点をおいている場合のサブ要素と言う感じでしょうか。
効果が全くないというわけではないということみたいですね。

日常の掃除(除菌)にプラスすることで、より効果をあげられそうではあります。
使用可能な環境なら、使ってみるのもアリでしょうか。

商品Q&Aページは、コチラ(公式サイト)

ルック おふろの防カビくん煙剤 5g

新品価格
¥380から
(2015/10/24 22:18時点)

●消毒用エタノール●

消毒用エタノールで、消毒(除菌)するのも効果的なんだとか。

エタノールは、使ったことなかったなぁ。

    <使い方>

      ①消毒用エタノールを床に吹きかける
      ②ペーパータオルをかぶせて10分ほど放置
      ③ペーパータオルをはがしてスポンジやブラシでこする

やり方は、とっても簡単ですね!

スプレータイプなら、吹きかけやすそうでいいですね。
ボトルタイプの場合は、キッチンペーパーに染込ませて貼り付けという感じでしょうか。
そのまま床にかけてキッチンペーパーを貼り付けてもいいのかな。

消毒用エタノールは、日常的な掃除にも使えます。
お風呂場のピンク床問題が解決した後にも使い道がなくて困る・・・ということはなさそうですね。

消毒用エタノールIPA スプレー式 500ml (指定医薬部外品)

新品価格
¥699から
(2015/10/24 22:45時点)

【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」 500mL

新品価格
¥365から
(2015/10/24 22:45時点)

●オスバンS●

“特殊な膜構造を破壊する”で、頭をよぎったのが「オスバンS」。
見たことのある文章だなーとオスバンSを検索。

酵母菌は真菌の一種で、オスバンSの殺菌効果は有効とのこと。
カビと同様、洗剤では壊せない膜を壊してくれるということなんですね。

ただ、オスバンSは逆性石鹸という性質上、石鹸と一緒に使うとお互いの効果を消してしまうんだとか。

ということは・・・

      ①いつもの掃除で石鹸カスや皮脂汚れをきれいに落とす
      ②洗剤をしっかり洗い流す
      ③オスバンSを含ませた布で拭く(スプレーする)
      ④洗い流す(もしくは水ぶきする)

という感じでしょうか。

オスバンSはアルコールのように揮発性がないので、ふき取りや洗い流す必要があります。

クエン酸や重曹をつかって掃除をした後に「オスバンS」を使えば、お風呂用の洗剤を使わなくてもいけそうですね(*´∇`*)

「オスバンS」は、希釈して使えるのでかなり経済的。
お風呂場の消毒は、200~500倍液となっています。

クローゼットのカビに使ってみましたが、かなりの効果がありました。
「オスバンS」の記事一覧は、コチラ

お風呂場のピンク汚れには使ったことがありませんでしたが、早速試してみたいと思います☆

【第3類医薬品】オスバンS 600mL

新品価格
¥684から
(2015/10/24 23:05時点)


スポンサーリンク