先日購入&設置したエアコン。

設置してから風が強かったり、雨降りだったりで・・・
未だに「暑さ」と「PM2.5」で使ったことがありません(ノ∀`●)

「PM2.5」での運転はしないのが理想的なので、使う機会がない方がいいんですけどね。

室外機の暑さ&雨風対策に日よけやカバーをつけた方が良いということで、我が家も手作りカバーを設置することに(・ω・)
直射日光を防ぐことで節電効果も期待できるんだとか。

冬は雪が積もってしまうので、1年交換かなぁ?
毎年作るなら100均の材料やスノコ・廃材を使って安く作りたい( ´艸`)

ということで、すのこ室外機カバーの画像を調べてみました。

Sponsored Link

室外機カバーの基本的な作り方と作る時の注意点

まずは、室外機カバーの基本的な作り方から(・ω・)

基本的な作り方は

    ①室外機のサイズを測る
    ②横2枚、天板、前面になるようにすのこを調達
    (※すのこで作らない場合は、板や角材など)
    ③クギ、オイルステイン、木部保護塗料、ペンキ、ハケなどを必要に応じてそろえる
    ④組み立て
    ⑤塗装
    ⑥設置

とのこと。

これは室外機カバーではありませんが、イメージとしてはこんな感じですよね。

通風孔の部分を網にする方も多いようです。

防水加工には、オイルステインや木部保護塗装というものを使うんだとか。

オイルステインは、↓こういうものです(・ω・)

カンペハピオ オイルステインA 新ウォルナット 100ML

新品価格
¥514から
(2016/6/16 16:59時点)

木部保護塗装は、コチラ↓

ニッペ 油性木部保護塗料 0.7L 透明クリヤー

新品価格
¥1,540から
(2016/6/16 17:01時点)

●室外機カバーを作る時の注意点●

直射日光や雨風を防ぐために取り付ける室外機カバー。
隙間のない板・箱で、運転中に通風孔から出てくる熱風の逃げ場をふさいでしまうと・・・

ということで、室外機カバーには熱の逃げ道を作らないといけません。

すのこは隙間があるので、パパっと作りたい&DIY初心者の私にも扱いやすそうです。

前面はすのこをつかわずにタープ?みたいにしたり、遮熱メッシュを使ったりするのもアリでしょうか?
あとは、すだれとか?

その辺りもチェックしながら、タイプ別にDIY画像を集めてみました。

Sponsored Link

すのこ室外機カバーのDIY画像集

●前面すのこの室外機カバー●

シンプルなすのこ室外機カバー(*´∇`*)
こんな感じの色合いがいいなぁ。

こちらは、なんとクギや金具を使わずに作った室外機カバー!
固定には麻紐を使っているんだとか。

手軽でいいですね(ノ∀`●)

これなら
「子どもや天気のタイミングで時間がとれないけど、室外機が気になるー!!」
という時に大活躍ですねw

時間のある時に、クギや金具で固定すれば完璧です♡

こちらは、天板が板の室外機カバー。

天板用のカバーもあるので、ここは板の方が良さそうですね(・ω・)

山善(YAMAZEN) エアコン室外機用アルミエアコンガード(ひさし付き) WAAG-8360

新品価格
¥2,158から
(2016/6/16 17:09時点)

●前面に空気抜け(排気穴)がある室外機カバー●

とっても凝ったつくりの室外機カバー。
凝ったデザインですが、前面の板はカットだけなんだとか。

(作り方は、コチラコチラ☆)

排気穴が窓になっている室外機カバー。
とっても可愛らしいですねー(ノ∀`●)

(すのこじゃないかも知れませんが、すのこでも作れそうなので紹介しました。)

通風孔(排気口)が金網になっている室外機カバー。
細かい網目を選べば、虫や草対策にもなるかな?

●室外機カバーでガーデニング棚●

ガーデニングをする人は、こんな感じの室外機カバーもおすすめ。

室外機カバー 手作り DIY すのこ 作り方

引用元:http://roomclip.jp

天板だけでガーデニングをする人も多いようです。

スノコの壁をつけるとこんな感じ。

室外機カバー 手作り DIY すのこ 作り方

引用元:http://roomclip.jp

棚をプラスするとこんな感じ。

スノコをカットしたり、金具を取り付けると全く違うイメージになりますね。

私は、シンプルなすのこカバーになりそうですが・・・
がんばって作ってみます( ´艸`)

Sponsored Link