肩紐付き水筒カバーに続き、今回も水筒の持ち運びにあると大活躍の紐カバー(肩当て・肩カバー)の作り方を調べてみました。

首の後ろが擦れるのを防いでくれる優れもの(*´∇`*)
汗をかいて肌が敏感になっている時に擦れると、肌の弱い子どもは痒くなったりするんですよね。

水筒の紐カバーの形状は、いくつか種類があります。
作り方、使い勝手でどのパターンにするか決めようかな(*^^*)

スポンサーリンク

水筒の紐カバー(パッド)の種類とメリット・デメリット

水筒の紐につけるカバーは、どんなタイプがあるんでしょう?

紐用のカバーには

  • 紐を通してつけるタイプ
  • スナップやボタンで開閉して取り付けるタイプ

などがあるようです。

「使う」に関しては

  • 紐を通してつけるタイプ
    ~着脱が面倒・子どもは自分で取り外しにくい
  • 開閉して取り付けるタイプ
    ~着脱が簡単・子どもが簡単に着脱できるので外出先で紛失する

などメリットデメリット(というよりは使い勝手などの好み)があるようです。

子どもの年齢によっては、自分で開閉して遊んだりしないと思いますけどね(*^^*)
ボタンが外れてしまっていつの間にか紛失していた・・・という事はあるかもしれません。

毎日使う場合は、洗い替えも必要になりますし・・・
作る・使うの好みや状況に応じて、いくつか試してみるのもいいですね(*´∇`*)

今回は、紐を通して使うタイプの紐カバーの作り方を調べてみました。

スポンサーリンク

肩紐を通すタイプの水筒紐カバーの作り方

バイアステープのカーブが・・・という場合は、長方形にしたりとアレンジできるのが手作りの良いところ( ´艸`)
(作り方の詳細は、コチラ☆)

同じ作り方でも使う布や柄の出し方を変えると、こんな感じや・・・

こんな感じにも(*^^*)

他にも

  • 使う布をガーゼにする
  • 中のクッションに厚みをもたせる
  • カバーを長くして斜めがけにも対応できるようにする
  • ずれにくくする為に紐を通す部分に余裕をもたせない※ただし着脱はしにくくなる

などのアレンジをしている方も多いようです。

バイアステープなしの長方形バージョン↓

水筒 カバー 紐カバー 作り方 型紙

引用元:引用元:https://twitter.com/kotori221iwata

水筒カバーと同じ布で作ったら、統一感もあってかわいいですよねー(*^^*)

肩紐を通すタイプの水筒紐カバーの無料型紙

うろこのあれこれハンドメイド』で無料型紙(PDF)が公開されています(*´∇`*)
作り方も画像付きで詳しく紹介されていますので、初めて作る方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

詳細は、「ダブルガーゼの水筒肩紐カバーの作り方【無料型紙あり】

コチラの記事もあわせてどうぞ♪

スポンサーリンク