紐付き水筒カバー紐を通すタイプの水筒の紐カバーに続きまして・・・
またまた水筒カバー記事です(。-_-。)

今回は、紐を通して使わない開閉タイプの水筒の紐カバーの作り方を調べてみました。
ボタンやマジックテープで留めて使う紐カバーは、着脱が簡単で人気ですよね(・ω・)

同じ作り方で、エルゴ等の抱っこ紐のよだれカバーとして使っている人も多いです。

私は、着脱の手間よりもボタンやマジックテープをつけるのが面倒だったので・・・
100均のレッグウォーマーをつけていましたけど( ´艸`)

長さや太さを変えると、色々な紐・ベルトのカバーになるので作り方を覚えておくと色々活用できそうです。

Sponsored Link

開閉タイプ(ボタン・スナップ・マジックテープ)の水筒紐カバーの作り方

水筒の紐カバーの作り方ではなく、エルゴのよだれカバーの作り方なんですが・・・
サイズが違うだけで基本的な作り方は同じなので、代用させていただきます(・ω・;)

ちょっとサイズが違いますが、ボタンタイプだとこんな感じ↓

このタイプ、エルゴのよだれカバーで主流ですよね。
水筒の紐カバーでも多いです。

スナップやマジックテープをつけるのが・・・と思っている人って実は少ないんですかね(^^;)
作る時にめんどくさいので、ボタンやマジックテープは避けてしまうんですけど・・・
私が苦手なだけなのかな(;´Д`A “`

個人的には、紐を通すタイプの着脱のめんどくささは全くないので・・・
自分で作る場合も紐を通すタイプになりそう(ノ∀`●)

基本的な作り方の流れは、こんな感じ↓

水筒の紐用カバーを作りたい場合は、サイズ変更が必要です。
(※エルゴのよだれカバーは、そのままのサイズで作れます)

工程はシンプルなんですけどねー。
個人的には、ボタンやマジックテープのハードルが高いんですよね(;´Д`A “`

バイアステープはだいぶ慣れたので、これも慣れなのかなぁ。

Sponsored Link

↑ランドセルのベルトカバー(肩紐カバー)と水筒の紐カバー。

紐状・筒状のものに取り付けられるので、長さ・太さ・厚さを変えて色々と活用できそうですね(*^^*)

●バイアステープなし!ボタンの紐カバー●

キルト生地と綿生地を使った紐カバー。
サイズは、5mmの縫い代込みで25cm×12cm。

作り方・詳細は、コチラ

●キルト1枚&長め!マジックテープの紐カバー●

キルト生地1枚でも紐カバーがあるのとないのとでは、重さが全然違うんだとか。
簡単にサクッと作りたい初心者には、取り掛かりやすい作り方ですね( ´艸`)

長めに作ることで、ズレにくくなるそうです。
画像のカバーは、38cmあるそうです(・ω・)

作り方・詳細は、コチラ

●中布でずれない!ホックの紐カバー●

作る時の工程は少し増えてしまいますが・・・
ボタン開閉タイプのズレが気になるという場合に、試してみたい作り方。

開閉部分は、マジックテープやスナップでもモチロンOK!

作り方・詳細は、コチラ

コチラの記事もあわせてどうぞ♪

KAWAGUCHI マルチプライヤー(ハトメ・スナップ付き) 04-322

新品価格
¥1,550から
(2016/6/30 23:08時点)


Sponsored Link