確かヒルナンデスだったと思うんですけど・・・
ホットプレートとは思えないホットプレートが紹介されていたんですよね。

ブルーノ(BURUNO)」以来の衝撃。
(私個人の)衝撃度は、このホットプレートの方が上ですね(・ω・)

そのホットプレートは、「テーブルグリルピュア」というホットプレート。
毎食テーブル上で調理して、食事を食べたくなるようなホットプレートです(。-_-。)

スポンサーリンク

「テーブルグリルピュア」というオシャレすぎるホットプレート

まずは、「テーブルグリルピュア」の画像をご覧ください。

凄くないですか(・ω・)?

ホットプレートを探しにいって、↑画像のようなホットプレートが売っていたら・・・
他の付属プレート(たこ焼きとか)の事は頭から消えかけてしまいそう( ´艸`)

ホットプレートといえば・・・
というイメージを全て覆されたのは、私だけじゃないはず!

●商品内容●

テーブルグリルピュア」の商品内容は、こんな感じになっています。

<ブランド>

  • PRINCESS(プリンセス)

<サイズ>

  • プレート/約 幅56cm×高さ4.4cm×奥行き25.5cm
  • 台座/約 幅61.4cm×高さ7cm×奥行き22.2cm
  • コード長さ/約200cm

<重量>

  • 約3.4kg

<素材>

  • 台座/竹
  • プレート/セラミック

<電源>

  • 100V 50/60Hz

<消費電力>

  • 1300W

<温度調節>

  • 最大250℃
    ※無断回で調節可能

<安全装置>

  • サーモスタット

<付属品>

  • グリルプレート
  • 台座
  • 油受けトレー
  • 温度調節プラグ
  • スパチュラ(木ベラ)×6
  • 保証書付き取扱説明書
    ※メーカー保証1年


プレートが緩やかに凹んでいて、油は中央の穴から下の油受けトレーに落ちるようになっているんだとか。

使用中のイメージは、こんな感じ↓

下に流れ落ちるのは、いいですねー(*´∇`*)
流れ落ちた油は油受けプレートに溜まるので、煙が出にくいというのも嬉しい。


枠組み部分は竹で、持ち手も熱くならないとのこと。
使用中に持つこともできるそうです。

スポンサーリンク

●お手入れ方法●

後片付けをする立場としては、お手入れ方法も気になるところ。

お手入れ方法は、こんな感じになっています。

<プレートのお手入れ方法>

  • ペーパータオル等で食材カスや油をふき取る
    ※熱いうちは水で湿らせたものを使う
  • 水洗いもOK
    ※プレートが冷めてから
    ※プラグ差込口に水が入らないよう注意!
  • しつこい焦げは、再加熱しながらお湯で浮き上がらせふき取る
    ※無理に削るとプレートが傷む

セラミックプレートなので、お手入れは簡単そうですね(*´∇`*)

プレートを長持ちさせるコツは
ふき取りor水洗い後に、低温で1分間加熱して油をなじませる
とのこと。

オシャレでお手入れ簡単なホットプレート。
朝食にも便利そう(*´ェ`*)

Table Grill Pure/テーブルグリル ピュア

新品価格
¥20,612から
(2016/5/12 11:07時点)

Yahoo!ショッピングのテーブルグリルピュア商品一覧は、コチラ
amazonのテーブルグリルピュア商品一覧は、コチラ
楽天市場のテーブルグリルピュア商品一覧は、コチラ

コチラの記事もあわせてどうぞ♪

スポンサーリンク