先日、しばらく着ていなかったジャンルのスーツを急遽着ることになった夫から、用意しておいてと連絡がありました。

電話の最後に
「あ・・・。
ウエストがきつくなっているかも知れない。」
と、聞き流せないフレーズが Σ(´Д`lll)

新調する時間はないし本人もいないので、アジャスターか子ども用のゴムベルト(ゴムバンド?)でしのいでもらうしかない!
ということで、100均と最寄りの手芸用品店へ行ったのですが全滅(´;ω;`)ウゥゥ

強度が気になるところですが、平ゴムとボタンで手作りすることにしました。
平ゴムのボタンホールがうまくできるか分からなかったので、ミシンをやめて最初から手縫いしました。

結局つかわずに済んだのですが、その場しのぎくらいにはなるかな(・ω・)?

スポンサーリンク

100均の平ゴムと余りボタンでアジャスターベルトを作ってみました

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
使ったのは、20㎜のソフトゴムベルトという平ゴム。
なんとなくそれっぽい&スーツの色に馴染むだろうということで選びました。
アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
一番シンプルなのは、

  • ズボンのボタン×平ゴムボタンホール
  • ズボンのボタンホール×平ゴムボタン

の2個所止めで作るアジャスターベルトなのかな?

マタニティーアジャスターバンドも使ったことがないのですが、これが一般的な感じなんですかね?

本人が居たらサイズを調整しながらサッと作れて良さそうですが・・・

使う予定の本人が不在なので・・・
できるだけ色んなサイズに対応できるようにしてみました。

スポンサーリンク

●アジャスターの材料と作り方●

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
材料・道具は

  • 平ゴム
  • ボタン×2
  • はさみ

です。

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
完成した時に、ここまではさすがに必要ないだろう・・・
(でも可能性はある?)くらいの長さになるよう、平ゴムをカットします。

折り返す部分などを実際に折りたたんでみて、ほどよい感じにしました。

作ろうとしているのは、2WAYで数サイズ対応できそうなアジャスターベルト。
強度や耐久性は使ってみないと分かりませんが、1晩くらいならもつかな(;´・ω・)

まずは、片端の端処理。
ほつれないように少し折り込んでから、しっかり縫い留めます。

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
端処理した方の裏面(ゴム端が見える方)に、ボタンをつけます。

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
ボタンを内側にした状態で折り返して、ボタンホールの位置を決めます。

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
ほつれてこないよう、いろんな縫い方でボタンホールをつくりました(〃艸〃)

ミシンもあるんですが、ボタンホールってやったことないんですよねー。
いきなり平ゴムでやるのもこわいので、ここも手縫いにしました。

これで片側が完成。

反対側も同じように端処理して・・・

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
サイズ調整しやすいよう、ボタンホールを2つ作りました。

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
両端をベルト通しで固定して・・・

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
ボタン位置で長さを調節したり・・・

アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
片方だけベルト通し、もう一方はズボンのボタンで固定したり・・・

ちょっともたつきそうですけど、一番シンプルな両方ボタン固定もできそうですよね。
(画像2枚目のズボンとベルトのボタンを使うやつ)

結局必要なかったので使わなかったんですけど、緊急時用にしっかりしたものを用意しておこうかな(;´∀`)
100均のやつでもいいんですけど、どこに行ったらあるんだろう。

出先で壊れちゃった時用に・・・
アジャスター 手作り ゴム ボタン 100均
シートや本をまとめたりするマジックテープのベルトも買ってみました。
(※本来の用途ではありません)

使わずに終わったので、別の用途(本来の用途)で使いたいと思います。

スポンサーリンク