夫が人生初のぎっくり腰になってしまいました(´・ω・`)

受診日から2日後の夫は、かなり調子が良い様子。
(整形外科での受診&処置・処方の内容は、コチラ☆)

お盆休み中、こじれることなく回復してくれることを願うのみです!

今回は、実際にかかった費用を紹介します。

スポンサーリンク

腰痛(ギックリ腰)の検査&処置・処方の医療費【夫の場合】

夫のギックリ腰の検査と処置の費用を紹介します。

素人表現が含まれますが・・・
金額(点数)は間違いありませんので、1つの目安としていただけたらと思います。
ぎっくり ギックリ 腰痛 整形外科 費用,料金

(画像はイメージ)

「請求書 兼 領収書」に書かれている点数は、下記のとおり。
内容には、明細で確認したものを記載しています。

 

区分内容点数
初・再診料初診料282点
医学管理等薬剤情報提供料10点
画像診断レントゲン569点
投薬飲み薬・湿布など208点
処置コルセットなど205点
麻酔ブロック注射350点

合計1,624点。

画像診断には3つの項目があり、3つ合計で569点でした。
(フィルムサイズは大四つ切りで、枚数は6枚)

スポンサーリンク

飲み薬・湿布は、

  • ロキソニン(痛み止め)
  • 胃薬
  • 筋肉の緊張をほぐす薬
  • ロキソニンテープ(湿布)

が処方されました。

コルセットは、マジックテープで固定する白いタイプ。
病院で処方される一般的なコルセットのようです。

処置の205点には、コルセット代とコルセット固定費用が含まれています。

ブロック注射に使われたのは、局所麻酔薬。

1点=10円なので、合計点数を金額になおすと・・・
10割負担で16,240円

自己負担分(3割負担)を金額にすると、こんな感じ。

区分内容自己負担(3割)
初・再診料初診料846円
医学管理等薬剤情報提供料30円
画像診断レントゲン1,707円
投薬飲み薬・湿布など624円
処置コルセットなど615円
麻酔ブロック注射1,050円

合計すると、3割負担額4,872円になりますが・・・
医療費は10円単位での支払いとなるそうで、請求金額は4,870円

一般的には高いのか安いのか相場が分かりませんが・・・
思っていたよりも安かったです(*´Д`*)

単純に項目全体の点数をマイナスすると・・・
ブロック注射なしの場合は、3,820円前後。
コルセット&ブロック注射なしの場合は、3,200円くらいでしょうか(・ω・)

市販薬でごまかしながら、市販のコルセットを購入したり、ひたすら回復を待つことを考えたらかなりの割安感。

(現状で)痛みが緩和されるだけでなく
「この腰痛ってヘルニア?それとももっと別の何か?」
みたいな不安もスッキリ解消!

ヘルニアの可能性は現段階ではナシ!という診断だったので、本当に安心しました(*´∇`*)

さすがに、翌日完治!というわけにはいきませんが・・・
前日とは別人のような立ち振る舞いと表情で、(今のところ)過ごしています。

1週間で元に戻るといいなぁ(・ω・)

コチラの記事もあわせてどうぞ♪

スポンサーリンク