マスキングテープの活用法は、調べてみると本当に色々ありますよね。
貼ってもきれいに剥がせるという利点を利用した皆さんのアイデアに脱帽ヾ(・ω・`)ノ

このブログでは

を紹介しました。

そして、マスキングテープを使ったアレンジ方法シリーズ第3弾!
マステでシール、壁デコパーツを作る方法を紹介します(*´∇`*)

スポンサーリンク

マスキングテープで簡単にシールを作る方法

マスキングテープのシールは、貼ってもすぐに剥がせるという特性を活かしたもの。

マステシールは

  • お気に入りのマステで好きな形のシールが作れる
  • 文字入り、文字抜きのシールが作れる
  • クラフトパンチを使えば簡単に量産できる
  • クラフトパンチを使ってレース模様の長いシールテープが作れる

など、アイデア次第で自由にアレンジできます。

作り方は、とっても簡単☆
オリジナルシールを作ってみてくださいね(=´▽`=)

スポンサーリンク

●マスキングテープでシールを作る方法●

マスキングテープでシールを作る方法は、とっても簡単なんです。

<用意するもの>

  • マスキングテープ
  • クッキングシート
  • ハサミ・カッター・クラフトパンチなど

簡単に量産したいなら、クラフトパンチを使うのがオススメ(*´∇`*)

小さなシールを作る場合は、クッキングシートの上にマステを貼りつけ、クラフトパンチでパンチします。
等間隔でパンチすると、残ったテープの方も模様くり抜きテープとして利用できますね!

ウォールデコで葉っぱや花びらなどを量産したい時には、この方法がオススメ☆

パンチする時に、薄くてやりにくい場合は、紙を1枚挟んでみるとキレイにできるんだとか(^^)

大きなシールが作りたい場合は、クッキングシートにマステを張り合わせたものをカットします。

大きなサイズのマステシールが作りたければ、クッキングシートを繋いでから下絵を写し書きしたものをカットして使いましょう。

仕上がりのサイズ・用途によって、

  • マステを重ね合わせてからカットした方が良い場合
  • 隙間がなく張り合わせてあれば良い場合

があります。

通常のシールとして使いたい場合や小さめのウォールアート用なら、マステを重ね貼りした方が良いです。
壁デコ用に大きなシールを作りたい場合は、重ねると壁につける時に張りにくくなります。

レース模様のマステを作りたい人は、レース用のパンチを使います。

呉竹 クラフトパンチ キュアパンチ ボーダーデコレーション サークルパターン SBKPB120-3

MARTHA STEWART CRAFTS エッジパンチ ドイリーレース


少々値が張りますので、たくさんそろえるのは厳しいかも知れません(^^;)

そんな時は・・・

10ロールクラフト粘着テープ  白レース透明デコテープステッカーテープ  手帳テープ  白レース透明テープ  飾り 週間日記 ピンク好き

Ruikey かわいいテープ カラフルテープ デコテープ 5巻セット ランダム  レーステープ 手帳飾り物 フェスティバル装飾 


レース柄のマスキングテープがオススメ(*^^*)
片側がカットされているタイプもありますよ♪

Yahoo!ショッピングの「マステ」商品一覧はコチラ
Amazonの「マステ」商品一覧はコチラ
楽天市場の「マステ」商品一覧はコチラ

スポンサーリンク